本文へスキップ


May-D Title








TEL. 045-513-1593

〒230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央5丁目11-2

鶴見リバーマンション1F

suspentionmakerLogo

SUSPENSION


  • 「車高調整を組み込んでみたいが、どこの商品を選べば良いかわからない」
    「車高調整は金額が高いから、まずはノーマル形状のサスペンションを組み込んでみたいが、どこの商品を選べば良いかわからない」
    「車高調整が付いているので車高を変えたいけれど、元々付いていたものなのでどこのショップも調整してくれない」
    「前後左右で微妙に高さがちがうんだけど、自分のクルマは車高調整式じゃないから微調整は無理だ」
    「スプリング交換はしてくれる店はあるけど、自分の車はトーションバー(棒バネ)だから、やっぱり専門店に行くしかないか…」(もしくは板バネ)
    「エアサス(油圧アクティブサス)のローダウンKIT(ロワリングキット)を付けたい。既に付いてるがローダウンKITの調整をしたいが扱える店が近くにない」

    また、ノーマル形状のサスペンションキットやスプリングキットなど、メーカーごとの開発者の嗜好により固定されたその前後の微妙な高さセッティングに満足していない。
    左右で微妙に高さが違うが、メーカー曰く『装備の違いで仕方ない』などと受け付けてもらえない。といった、その左右で異なる微妙な高さの違いが気になる。
  • 自分の車は車高調整式じゃないからと、今の車高で諦めてはいませんか?  メーカー設定の今の車高に不満を感じていたりしていませんか?

    大量部品量販売促進店などに、ご自身の大切なおクルマのエアサスやアクティブサスを調整してもらうことに、ご不安を覚えませんか?
  • 当店ではノーマル形状のスプリングを交換した際の、各装備ごとの違いによる微妙な左右の高さのズレや、微妙な前後の高さの違いなども、ご要望どおり微調整いたします。
    モチロン車高調整式が組み込まれてあるサスペンションも、ご希望どおりの高さへ調整いたします。
    一般的なストラット式形状の足回りはもちろん、マルチリンク、ウィッシュボーン、ダブルウィッシュボーン、そして一部の外国車などで使用されているトーションバー式など、ありとあらゆる形式にも対応いたします。
    W210以前のベンツ(W140,W124,W201,W126等)で、スプリング交換作業に特殊専用工具を必要する車両などでも対応可能です。
    国産車はもちろんBMWやVWとPEUGEOTといった欧州車両も通常通り作業いたします。
    また、欧州高級車および国産高級車などで採用されているエアー式サスペンション(エアサス車)やアクティブサスペンション車にお乗りの方で、ご自分のお車の車高を調整(変化)させたい方へ最適なパーツの選定もしております。
    他社でエアサス(アクティブサス)用ロワリングキットを組み込んだが、その車高に満足いかない。もしくは、近くにないから調整を諦めていた方なども、お客様のご要望どおりの車高に調整いたします。
  • 国産車から欧州車まで、ありとあらゆる車両の足回りを交換してきた知識とノウハウを生かして、お客様のご要望に合わせたセッティングをいたします。
  • 各種車高調整KITの選定から取り付けやその微調整など、足回り等でお悩みの方、是非一度ご相談下さい。


    注:
    作業に際し、出来るだけお客様のご都合に合わせたお時間で作業させて頂きますが、ご連絡無くお越しいただいても他の作業の進行具合や、出張整備をしている場合なども有り、突然の作業に対応できない場合もございます。即日の作業をご希望の場合、ご来店前に一度ご連絡頂き必ず店舗状況をご確認下さい。
    車両側に不具合が生じていたり、スプリングのへたり等で車高が狂っている場合、上記記述の車高の調整だけでは対応出来ない場合がございます。
    長期間左右および前後で車高が違っていた場合、車両全体に歪みが生じている場合がございます。その際には車高調整後暫くした後、車高が変化する場合がありますので予めご了承下さい。
    製品の構造上やお車の使用年数により、稀に干渉音等が発生する場合があります。取り付け時に出来るだけ対処はいたしますが、緩衝材等の経年変化に伴う劣化による音等の問題は保証できませんのでご注意下さい。お車に使用されている緩衝材の耐用年数に不安を感じる場合は、予め純正パーツおよびそれに準ずるパーツをご準備下さい。尚、お客様ご自身で調達出来ない場合は当社で代わりにご用意する事も可能です。サスペンション部品取り付け後に再度緩衝材のみの交換でも工賃は発生いたしますのでご注意下さい。
    お客様のご希望の車高に調整後、その車高で発生した問題等の責任は当社では負いかねますのでご注意下さい。
    純正装備以外のエアーサスペンションおよびハイドロリックサスペンションでは、車高の調整が出来かねる場合等もあり、その作業をお断りする場合がございますのでご了承下さい。特装車両等の場合、稀に作業をお受けできない車両もありますので事前にご連絡下さい。
    当掲載文は当社が独自に入手した情報を基に作成しております。尚、これら掲載文に関してのお問い合わせご質問等はお答えできませんので、ご遠慮願います。


Total Auto Service
May-D

〒230-0051
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央5丁目11-2 鶴見リバーマンション1F

※カーナビに住所入力してもご来店できません。必ずアクセスマップをご覧の上、国道15号より入路お願いします。

TEL 045-513-1593
FAX 045-513-1593

mail info @may-d.jp

休業日: 木曜日